©Sammy

 

登場する漫画・アニメ

 

「北斗の拳」

 

人物

 

北斗四兄弟の1人で、ラオウの実の弟でありジャギ、ケンシロウの義兄。

 

 

実の兄にはカイオウもいる。

 

 

幼少期、リュウケンの養子となり育てられる。

 

 

最初はラオウのみ稽古されていたがその稽古を覗き見していただけで北斗の技を体得してその才能を認められリュウケンに稽古をつけてもらえるようになる。

 

 

優しく穏やかな性格でありながらも闘いの才能もラオウにも負けないほどで「北斗神拳伝承者に一番ふさわしい」と言われていた。

 

 

さらに人格者で野心や欲望もなくトキの使う北斗神拳は悪党だろうと痛みもなく快感を覚えながら命を落とす。

 

 

伝承者に一番ふさわしい男だったのだが、核戦争で際、残り2人しか入れないシェルターにケンシロウとユリアを入れ自身が死の灰を浴びてしまいそこから病に苦しまれることとなり伝承者争いから外れることとなる。

 

 

それでも北斗神拳を医療に使い多くの人達の命を救ってきた。

 

 

しかしラオウがトキとケンシロウの接触を防ぐためカサンドラに収監され、トキはケンシロウを信じあえてそこで待った。

 

 

闘い、人格者でもありながら洞察力もすぐれておりラオウでさえ闘うことを避け、ケンシロウも一度敗北いしているサウザーの体の謎も見抜き自身を襲いに来たリュウガの真意も読み取っていた。

 

 

トキの最期

 

 

死の灰によって病に苦しめられていたトキは命を懸けてラオウと闘う。

 

 

寿命を縮める代わりに剛の力を得る「刹活孔」を突き闘うもラオウの強さと体の弱りで力も落ち敗北。

 

 

ラオウもトキの残り少ない命を悟ってそこで命を奪うことはしなかった。

 

 

その後も命の限り北斗神拳による医療の活動を続けていたケンシロウと本気の闘いをするためリュウガがトキを襲う。

 

 

その真意を読み取ったトキはそのまま連れて行かれる。

 

 

トキがリュウガによって命を奪われたと思い込み怒りにより本当を力を見せつけリュウガを圧倒。

 

 

リュウガはケンシロウとの闘いの前に自ら命を懸け陰腹を切っていたため命尽きる。

 

 

そして命が尽きることを悟ったトキはケンシロウに「哀しみを怒りに変えて生きること」、そしてラオウによる支配の平和はいずれ終わり、その後の真の平和をケンシロウに託しリュウガを抱きかかえ命尽きた。