©Sammy

 

登場する漫画・アニメ

 

「北斗の拳」

 

人物

 

南斗六聖拳最後の将で南斗の正統血統者。

 

 

南斗六聖拳最後の将ではあるものの南斗聖拳の使い手ではない。

 

 

兄は泰山天狼拳使い手のリュウガ、腹違いの兄に南斗五車星の雲のジュウザがいる。

 

 

心優しい女性で北斗の拳の作品の中でも多くの人の人生を変えてきた人物で北斗神拳伝承者のケンシロウと婚約するも義兄のラオウ、トキ、南斗聖拳のシン、腹違いの兄のジュウザにも好意を寄せられていた。

 

 

そして安住の地を求めて2人で旅立とうした時シンが立ちふさがりシンはケンシロウをたおし人質にしてユリアに自分を愛するように命じる。

 

 

そしてユリアを奪ったシンはユリアのために多くの人間の命を奪いユリアのためだけの街を築き何でもユリアのためだけに与えたきたもののユリアの心は動かずケンシロウを想い続けていた。

 

 

そして自身のために多くの人間が犠牲になっているのを我慢できずに城から身を投げ出すも五車星達によって助けられる。

 

 

そしてラオウ(拳王)がユリアを追っていることを知ったシンはユリアの命を奪った悪名を被りユリアは五車星達によって保護されることになる。

 

 

その後ラオウに一度さらわれラオウとの愛を拒むと命を奪われそうになるも病に侵されるを知ったラオウは命は奪わなかった。

 

 

南斗六聖拳最後の将ではあるものの南斗聖拳の使い手ではない。

 

 

ユリアの最期

 

 

ラオウとの闘いに勝利したケンシロウとともに再び安住の地を求めた旅立つユリア。

 

 

そして天帝軍のショウキに提供してもらい余生を2人で静かに暮らすも病により命を落とす。