©Sammy

 

登場する漫画・アニメ

 

「北斗の拳」

 

人物

 

 

かなりの巨漢でケンシロウが見上げるほどの大きさ。

 

 

過去700人の命を奪い氏刑執行されること13回だったがそれでも生き残った男で本名は不明で別名「悪魔の化身(デビルリバース)」と呼ばれた男。

 

 

最終的に懲役200年で地下牢に閉じ込められていたのがジャッカルがケンシロウとたおすため自身がデビルリバースの生き別れの兄だと騙し解放しケンシロウをデビルリバースを閉じ込めた者として闘わせる。

 

 

手だけでもケンシロウの身長と同じくらいの巨漢なのだがパワーももちろんのこと動きも素早い。

 

 

さらにデビルリバースは五千年の歴史を持つ古代インドの暗さつ拳である「羅漢仁王拳」の使い手。

 

 

その破壊力は無限であまりにも獰猛なさつ人拳により禁じ手とされており伝える者はいないと伝われていた。

 

 

巨大な体から腕を振り風圧を操る「風さつ金剛拳」はケンシロウを吹き飛ばすほど強力。

 

 

デビルリバースの最期

 

 

ケンシロウとの闘いはパワー、そして風さつ金剛拳で圧倒・・・したかに思えもののケンシロウにはまったダメージはなし。

 

 

ケンシロウを掴み握りつぶそうとするも手に穴を空けられ脱出したところで「天龍呼吸法」によってパワーを極限まで力を溜めた状態で「北斗七し星点」でデビルリバースは秘孔を動けなくなる。

 

 

そしてジャッカルとともにダイナマイトで吹き飛ばされ命を落とす。