登場漫画・アニメ

 

鬼滅の刃

 

人物

 

 

元々は人間だったが、鬼舞辻無惨によって鬼にされた。

 

 

最初は見た目、人間に近い鬼だったが多くの人間を食べたことによって大きく姿を変えた。

 

 

鬼狩り時代の鱗滝左近次によって捕まり藤襲山に閉じ込められることになる。

 

 

そして藤襲山は鬼殺隊の最終選別の場となるがそこで手鬼は40年以上も生き続ける。

 

 

体を覆う手は自由自在に伸縮可能で、斬られても修復が速い。

 

 

さらに弱点の首はかなり頑丈になっている。

 

 

手鬼の最期

 

 

鱗滝左近次の弟子である竈門炭次郎によって頑丈な首を「水の呼吸・壱ノ型・水面斬り」で斬り落とされ命を落とす。